FC2ブログ
2012.04/25(Wed)

気配り 

気配りって どこまでが親切で どこまでが よけいな お世話か?は その店の経営者の考え方と その瞬間の判断によっても変わってきます。たとえば 昔、大手の居酒屋で働いていた時は 灰皿交換の煙草の本数や ドリンクの追加を聞くタイミングは かなり 早目でした。ドリンクを飲みきる前に オーダーを聞きに行くという事は 店側にとっては 売上を上げる目的もあり、サービス面で いえば 「すみませーん、生ビールください!」を言わせない気配りでもある。
いわゆる 「痒いとこに手が届くサービスではなく、痒いと思わせないサービス」

でも 僕は 自分で客として 飲みに行った場合は 酒も飲めないアルバイトの兄ちゃん姉ちゃんに マニュアル通りに されても 困ってしまう。頑張って会話しようとされても こっちが気を使って逆に疲れてしまう。お笑いの世界でも 大切な事ですが、実は「間(ま)」も大事。沈黙があってもいいのです。

仕事と、家に帰るまでの スイッチを切り換える まを 大切な時間にしなくてはいけない。
スポンサーサイト



【編集】 |  02:52 |  独立  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |