FC2ブログ

08月≪ 2020年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010.01/23(Sat)

鍵っ子。 

子供の頃って 幼稚園や学校が違っても すぐに友達になって遊んだりしました。そんな頃 友達になった「森ちゃん」がいました。森ちゃんは ちょっと 山の方に住んでいて、両親が共稼ぎだったから いつも首に家の鍵をぶら下げていました。しかも鍵を落としても すぐ 気がつくように鈴もついていました。
そんな「森ちゃん」が僕に言いました。近所の山で山芋が採れる!から 山芋を掘りに行こうと。小学校低学年の僕にはアウェーの未開の山だ。
だけど 「森ちゃん」を 信じて山芋を掘りに行く事にしました。

その山道は険しかった。
薮を手で掻き分け、洞穴みたいな ところを通り 山芋ゾーンまで やっと たどり着きました。

そして 夕方まで頑張って 山芋を数本掘りだしました。(今、思えば自然薯だったのかな?)

僕と「森ちゃん」は 小学生ながら ほんとに 喜んで山芋を小脇に抱えて また来た道を引き返して帰ろうとしました。




すると 帰り道の洞穴みたいな所に 中学生が たむろ していました。(ヤンキー系)しかも たぶん エロい本を見ていたのです。

「森ちゃん」が言うには、地元では けっこう悪い中学生らしい。

幸い、中学生達は 僕等に気付いてません。

これは 逃げるしかない!

僕等は また ゆっくり 洞穴から出ようと試みました。
一歩、また 一歩。
もう少しで洞穴から出れるという時に。


チリンチリン

そう 「鍵っ子 森ちゃん」の鍵についてる鈴が鳴ったのです(笑)
その鈴の音で中学生に捕まりました。

僕等は 持ってた山芋をその場で へし折られました。
そして エロ本を見ていた事を誰にも話さないと言う約束のもと 開放されました。

僕等は 帰り道 ダッシュで帰り 森ちゃんの家で 砂糖入りの麦茶を飲みました。生き返りましたー!



それ以来、森ちゃんの鍵から鈴が外されました(笑)


おわり。
スポンサーサイト



【編集】 |  03:50 |  のんびりライフ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP |